都市の再生と日本の再生

金の仏具

豪邸として知られている。五00坪の敷地のうち四00坪が大庭園聖蹟桜ヶ丘にある家は、二十年かけて庭木、庭師に手入れさせる。その維持費だけで年間1000万庭石を持ち込み、円からかかるという代物だそうではなく、新潟や長野から買い集めた庭木で、ただの道楽かといえば、木に対する造詣を養っていたのだ。電力需要から各地でダムがつくられた。
全国の山林が伐採され、戦後の復興期、三澤は、九その材木をゼネコンに納入し、財を成したのである州から北海道まで山林を買い占め、架設材が木から鉄骨に変わり、同時に、海外から安い建築材がそして経済成長期に入ると、輸入されるようになった。これからは住宅産業の時代になると察知し、ハウスメーカーとして新工法のプレハ「義父は、ブ方式を採用し、一気に売り出しました。木を熟知しているからできる工法だったのです。
社会が必要としている事業を手がけるのが、その時代に合った企業なのだ、といっていたのを覚えています」永続性はない。
信頼される企業でなければ、そのベースにあるのは、求め社会に信用され、この教えから小林は、地域密着、顧客第一精神を導き出すのである。以下られることなのだ。に、その考えをまとめてみよう。信用のうえで商売ができる、といっても過言ではない不動産事業は、信用が第一である。

新宿三井ビルディング一度でも悪評が出まわると、それは輪をかけて世間に伝わる。これは致命的なということは、ことなのだ長期業務が主となるため、地権者の要望に添うように努力を重ね、M&Kの事業は、日常業安心できる状態を保たねばならない。務の報告を欠かさず、完成品を納めればいい、エンドユーザーである事業者に対しても同様で、というもこれは、購入を考えている土地が、いつごろ売地となり、のではないのだ。
事業者は、引き渡されるのしたがって、その間、常に進捗状況を報告し、か、不安定な状態が何年間か続く。不安を取り除く努力は欠かせない。お互いの信頼関係につながり、完成したときの喜びはひとしおです。「その繰り返しですね。リピートにつながるのです」と、こうした関係性が、小林は強調する市街化調整区域の大規模土地開発の場合、地権者とともに許認可を行政に働きかける。
担当111年にわたる認可手続きの作業をするから、必然的に人間関係ができる。
者と二年、顧客第一精神を貫くのがベこうした時間のかかる業務を円滑に行うには、やはり地域密着、ストなのだ。と小鮒が語っている。以前、やはり正攻法、それが一番M&Kは真摯な会社だと都市計同じ行政仲間に伝えているのを聞かされ、感動したものだ。画の人間が、ごまかしをしないで積み上げていく。
それが土地開発の鉄則と地道に一つひとつ、小鮒は、語る二度、いい加減なことをしてしまうと、必ず報いが来ます。その一度のごまかしが、すべてそれが恐いのです。
つい、うまいことをいって、を台無しにしてしまうのです。

長期譲渡所得

まとめてしま

おうかと考えがちですが、それをやったらおしまいなのですっしゃせんり一瀉千里といい、行政にはブラックリストがあり、悪い噂はすぐに広まる。悪いことはでき急がば回れではないが、安直に近道を選べば、そのしっぺ返しが怖い。ないものなのだ。トップから現場末端まで直結の組織だから、いい加減な仕事はすぐに見破られてしまう。
上から下まで一直線、このストレートな姿勢がM&Kの評価につながっている地域密着、顧客第一主義に関連して、エピソードを一つつけ加えておこう。
小鮒が、ガソリンスタンド経営者の土地を有効活用、リスクの少ない事業用定期借地権の物件にした。二十年契約で、M&Kが土地を借り、事業者の手配をつけたもともとそこのガソリンスタンドの経営者は仕事が生きがいの人で、正月も休みなし、三六五日働いていたという。小鮒が訪問すると「スタンドは自分の生きがいだからどんなことがと当初は門前払いの状態だったという。

奥様方の本音でしょうねあっても手放さない」小鮒は近隣に用事があるたび、同スタンドで給油をし、それとなく本人やその家族と話をした。何度か通っているうちに経営者がポツリと「やっぱりスタンドは、これから続けていくのはむずかしいかもしれない」とこぼした。景気も悪くなり、続けていけば毎年赤字が増える一方という計算が成り立ってきたのだ。もちろん、ヘッドリースでは滞ることなく家賃が入る。この仕事を通して何度かあっているうちに、小鮒はすっかり信用され、時間経過とともに親密度が増した。あるとき、地主の奥さんから、「うちには一人娘がいる。
いい相手はいないか」と相談が持ちかけられた。そこで小鮒は、いろいろ手を尽くし、見合い相手を紹介した。ほどなくして、話がまとまり、婚儀が調った。ついては仲人を引き受けてくれないか、という話になったのだ。「もちろん、いい話ですから二つ返事ですよ。
しかし、M&Kという企業のこれから先のことを考えた場合、私よりはむしろ、部長のほうが適役ではないかと思い、話を持っていったのです」こうした経緯があり、仲人としては若い月下氷人が実現した。
も、印象に残る逸話として、この仲人の件を掲げている。「Mさん、いまでも、この土地オーナーは、ことあるごとにMさん」と相談を持ちかけてくるという。

藤澤会長は恩人

これは、地元地権者との密着、事業の継続、企業の永続性すべてに絡む、いい話である。快適な街づくりと社会への貢献地域密着のテーマに続き、”快適な街づくり”を検証してみよう。”社会貢献”とM&Kは、快適な街づくりをめざし、戸建分譲、マンション分譲にも注力している。前に少マイコートガーデンしふれたシリーズであるマイコートガーデンというのは、当社のブランド名で、この名称で分譲住宅を手がけています。
マンション、一部の高齢者ホームもマイコートなのです。戸建て、集合住宅当社の場合、供給数や販売ボリュームを訴求するのではなく、やはり品質重視ですねM&Kがめざしている品質、小林が続ける。では、商品価値とは何か。
「いまは、若い人でも、デザイン性、機能性だけでなく、耐震性、耐火性など安全·安心に重きを置く傾向が強くなっています。
そうした需要を満たさないと、これからの住まいは商品価値がないですね」耐震性に対するチェックの目は厳しくなっており、消費者もまず特に東日本大震災以降は、最初にその部分に関心を持っている。

阪神·淡路大震災があり、耐震偽造が社会問題化し、その後、そして東日本大震災だから耐震性に対する消費者の目は年々、厳しくなる一方だ。いま住宅関連のテレビCMで頻繁に出てくるのが耐震、免震構造だろう。
かつてのデザイン性、機能性を訴求し、暮らしの夢を売るコマーシャ»とは質的変化が見られる。同時に、寺こその場の見映えより、経年のメンテナンスに注意を払う傾向も顕著となっている。
「いまの若年層が希望している百年住宅に反応するのが、いまの需要なのだ。だから、耐久性、玄関周りのアプローチとか、住空間は、植栽が配慮された空間なのですね。都心部の分譲マン十年後に植栽がどうなるか。年数が経過すればするほど、ションでも五年後、重厚感の増すグレードの高いマンションが求められる」(小林)ことになる。

奥様方の本音でしょうね自然環境に配慮した緑の配置は重要なのだ。住まいに対する需要が変わりつつある。

一つひとつ積み上げて売り上げや数の伸張に力を入れる企業ではなく、もともとM&Kは、きた実績によって、入居者から評価されている。また、それを理想としてきた。近隣の環境とのマッチングが大前提マンションなど分譲計画は、「わが社が手がける戸建て、それが地域住民から歓迎されています。信そうした配慮で住まいづくりをしています。です。
評価されることが重要と考えています。
それが頼される企業として、実績が社会に還元され、当社にできる社会貢献なのです」(小林)行政指導もあり、全体調和のなかで考えられるようになっている。一軒だけ飛いま住宅は、色合い、デザインは、勧告の対象となるの街並みのバランスを崩すようなつくり、び抜けて、だ。M&Kの考え方は順当だろう。
その点では、と前置きして、岩舘が興味深い話を披露してく「まだ、誰にも話していないことですが……」これが実現できないだろうかといま、「太陽光発電を取り込んだ街づくり、というか工業団地、勉強中なのです」こうした方向性は、M&Kとしても十分に考慮の対象政府が打ち出している構想でもあり、になるはずだ。新しい事業の芽でもあるだろう。
工業団地が白脱原発というイデオロギーとは別に、どこまで組み入れられるかは未定だが、かなりの確度で求められるはずだ前で電力をまかなうというのは今後、新エネルギーの街をつくって岩舘はまた、太陽光発電とバイオテクノロジーを組み合わせ、有望ではないだろうか。