生前に妻

愛人に財産のすべてを相続させる

切磋琢磨、社員と磨きつづける技マイコートガーデンMYKOURTGARDENシリーズの基は、M&Kで自社販売の濋をつくったで理解できるようにマンション、戸建て、分譲住宅を問わず、直営でこれは頭文字”MK”販売する商品のブランド名となっているそれを許す社風がある。
一つのチャレンジだったが、新しいものに挑戦する、これを小林はミサワホーム時代から、新しいものに果敢に挑戦してきたからというのも本人が、支持する。本当はこれ、「ミサワホームにいたころ、特建事業部というのをつくったのです。ミサワホー木造パネル形式のプレハブ住宅をつムではやってはいけない事業なのです。ミサワホームは、こうしたかたちで一くり、要するにタウンハウスですね、戸建てで売る。

あるいは住宅団地、体成形でつくった住宅を売っていたわけです」一方、RC鉄筋コンクリート造に代表されるマンションを販売していた。特建事業部では、集合住宅でしかもビル形式である。それまでのミサワホームでは考えられないことだった。新しいことにもチャレンジしたかった。

生前に妻特建事業部をつ私はダイナミックなものが好きで、心苦しかったのですが、この特建事業が今日のM&Kのくる際には、反対する意見もあり、大規模開発事業につながっているのですヘッドリース、もともと一つのことに収まるタイプではなかった。業績の思わしくなかった多摩中央当初、バブル経済の恩恵で黒字化し、小林の独立心が頭をもたげた。綿密な事業計ミサワホームも、画を立て、義父に独立を打診する。

特建事業の業績により、すでに金融筋の小林に対する評価は確立していた。といっても、小林個人に独立資金はない。ミサワホームの保証つきで借り入れをして、土地を買い、建物を建て、デベロッパーに販売した。やがて、小林に融資してくれたのだ。
高幡不動に手がけた最終的には保証なしでも銀行は、マンションの一室に事務所を開き、事務の女性二人と小林だけの独立スタートだった。

その後、五人、六人と徐々に社員が増え、手狭になった六年前、いまの日野に本社を移した小林が話している。のである。「M&Kの業務は、毎日が新しいのです。新鮮でマンネリ化することなく、常に新しい事業に挑戦する。当社の社員は、挑戦意欲のある前向きな人材ばかりですし、そういうタイプをよし消極的でチャレンジ精神に欠ける人は、当社には向かないですね」とします。

統一やマニュアル化されることはなく、常に変化対応が強いられる。日々の仕事は、したがって、切磋琢磨する人材が求められるわけだ。

オンリーワン企業

小林は、そうした社員とともに技術を磨きつづけるのが、企業繁栄の基礎と考えている。どまでもM&Kは、やはり”人”を重く見るのである。こういう職場だから、エキサイティングだろう。働きがいのある環境だし仕事場としては、M&Kでは定年を特に設けておらず、元気で働けるならば、離職率は極めて低い七十歳、七十五歳をすぎても在籍できる。こんなエピソードがある先だって参事の職に就いていた人が七十五歳で亡くなった。役所勤めの定年後、M&Kに再地主のネットワークが豊富で、信頼もあつかった。
七十四歳まで元気で働いていたが就職、健康診断で病気が見つかり、入退院を繰り返していた。その間も会社には専用の机があり、体調のいいときは、会社に顔を出していたものだ。若い自分の意志を受け継がせるのが、彼の役割だった。社員とともに働き、「お葬式のとき、親族の方から話があり、臨終の際まで、いい会社に勤められて自分は幸せ最後までM&Kに自分の机があったこと、だったと語っていたそうです。
役所を定年退職した毎日が楽しく仕事ができました。
老後の人生が、後も、充実したものだったことを感謝していた、それを聞いて、私だけでなく、役員全員が涙したものです」と。ホロリとさせられる、いい話であるM&Kとはこういう会社なのだ。小林自身、最後まで社会に役立つことが目標である。高齢であっても、情熱と意欲のある社員にはがんばってもらいたいと思っている。
私が会社組織の理想とするものは、たとえ老後であっても、健康に留意しながら、年齢に応じた知恵、知識、人間性を生かして、それを次代の人たちに伝えていくことだと思っていま体力のあるかぎり、がんばってもらえる会社でありたい。
す。MeKは、働く気力、そのような社風をつくりたいですねこのように小林は話している。視点を変えろ!の意味とはかつてとは異なり、これだけハイスピードで世の中が動いている以上、企業も相応に変化対応しなければならない。

仮に空室が生じても朝令暮改どころか、改で戦術を変え、気まぐれな消費者の需要をすくい上げてい朝令”昼”る小売業もある。ツボにはまれば、他の追随を許さなぃ。視点を変える、前提条件を覆す。こうした臨機応変はいま、ジャンルを問わず、不可欠となりつつあるようだ。岩舘は、小林から視点を変えることの重要性を学んだ岩舘は、多摩中央ミサワホームに入社、金融機関第一勧業銀行に勤め、その後、営業次長職にあった。
平成八年にM&Kに転職している小林との接点はそれほど多くはなかったが、ミサワホーム時代、要所で交差している。

とは親しく話をする仲だった。はミサワホーム時代、木質パネルの設計室に在籍しており、営業マンの岩舘とは、毎日のように顔を合わせていた。一方で、お客のなかにマンションビルの建設というケースがあり、当時、特建事業部の部長だった小林に同行してもらった。

これが最初の接点である後日談だが、このとき、岩舘が絡んだRC鉄筋コンクリート造のマンションは、かなり評判がよく、建築コンサルタントがべた褒めだったそうで、それが小林の耳にも入ったようだ。

隠ぺい仮装

話は前後するが、平成八年に岩舘が多摩中央ミサワホームを辞め、ほかの企業に転職が決まり、そのあいさつにを訪れたときのことだ。「ある面では、同業者になるので、今後ともよろしく、とにあいさつに行ったわけです。そうしたらから入社の話をいただきましたが、返事は濁して返ってきました。そのときたまたま小林は出かけていなかったのですね。追いかけるように、すぐから電話その後、がかかってきて、一杯やろうよという話になったのです」岩舘が指定の場所へ出かけて行くと、小林がいたのである。そこでもう、明日から来いという話になった。
なんとも劇的な転換である。「家内がミサワホームのブランドを気に入っていて、M&Kのほうがいいんじゃないか、というわけです。実際、迷いましたけど、すでに決まっていた会社に謝りに行きました。私はえらい汗をかきましたけどね(笑)」M&Kに入社して、いまでも印象に残る小林の言葉がある。それは、10人それぞれを説得まずは影響力のある人物一人を説得したほうがいいぞ、というものだった。

ハッとするより、したと岩舘は振り返る「たとえば10人の地権者がいたら、一人ひとりと交渉するのが重要だと思っていたのです。
現預金等ところが、小林にいわせれば、10人、一五人のグループならば必ずリーダー役の人間がいますから、最初はその一人に集中して説得しなさいというわけです。実際、そのようにやって成功しました。視点を変えることの重要さを身をもつて知りました」それはどのような条件の交渉ごとでも、たしかにあてはまるのである。依頼者の依頼を一つひとつ聞くこととは、また別のテーマが隠されている。前提条件があるなこれと同じように、ら、それを覆せと小林はいう。固定観念にとらわれやすい。通常、われわれはどうしても既成の概念、そうすると、見えるものも見えにくくなるのだ。
極端ないい方をするなら、前提条件を見直せば、自分で決めた路線を自分で変えることができる。ものすごく速いスピードで変わる。そうすると交渉ごとの環社会情勢、経済状況、いまは、境も変わってしまう。決めたことを変えるのは結構、勇気がいるが、そうした柔軟な思考、発想を持たないと、いまのような激動の時代には対応できない。これもまた、貴重な示唆であろう。