保険金受取人

節税のためにアパートを建てる

その後どのようなかたちになるのかは、30年の契約が終了したあともおそらく地権者たちとMとの信頼関係は、かではないが、ともに困難を乗り越えることで生まれた絆は、さらに大きく育途切れることなく続くだろう。まれていくに違いない。「不動産活用事業は、子や孫の代、さらにその先の世代にまで続くおつきあいになるんです。私にとっては、それも感慨無それだけ信用していただける企業になれたこと。Mが、量です」私の錯覚だろうか。
そう語る小林の目がうるんでいるように感じたのは、ネクストコア清久市街化調整区域開発プロジェクト事例Ⅱ常識破りのスピード、5年で完成させた工業団地驚くほど多彩で多様だ。
Mが手掛ける市街化調整区域開発のメニューは、まずは自治体の想い、つまり、その土地をど「行政からの許認可を必要とする事業ですから、それと同時に欠かせないのんなふうに開発していきたいかですね、その方向性を確認します。地権者の方々の意向です。
が、それらをすりあわせながら、はたして経済的にペイする企画が成り立つかどうかを探り、具体化していくわけです」当然のことだと言わんばかりにこう述べるが、これだけの面倒な行程を着実に進め小林は、そう簡単に手に最終的にはビジネスベースでもきちんと成立させていくノウハウは、ていき、なかなか事業化できないの入れられるものではない他の不動産会社が手を出そうとしても、·ケーだけが持つものだと言い切だからこそ、そのノウハウはいまなお、もうなずける。
エムる地権者の要求を受けとめられるかどうかですね。「特に大事なのは地権者の気持ちです。

第三者賃借人小型の市街化調整区域開発案件も多数経験大型の開発案件だけではなく、ム·ケーの社員は、地権者と話しあいながら、しだいに地権者の気持ちをつかんでいくポイントしていますから、を、知り抜いているのです」最も手間ひまがかかり、困難を極めるのは、地権者との大型開発案件において、一般的に、「大型開発ならMはそれを得意としているというのだから、合意形成だという。
との定評が確立するのも当然だろう。ケー」農地法や土地区画整理法などの知識、税に関する知市街化調整区域の開発では、さらに、識などが欠かせない。

Mの社員は、それらにも精通し、熟知していると小林は胸を張る·ケーの実力を実証する結果となったプロジェクトが、2013年1月に埼玉県久喜市エムきょくネクストコア清久であるに完成した産業誘致構想に基づ久喜市が、地域の活性化を図るために地元地権者との協議を重ねた末、産業団地開発の事業に着手したのは、2007年のことだっき、六--六事業代行者をプ翌2008年2月に清久工業団地周辺地区土地利用推進協議会が設立され、

Mと清水建設がパートロポーザル方式によるコンペティションで公募したところ、同年8月に清久工業団地周辺地区土ナーシップを組んで応募したプロジェクトが選定された。

土地を所有する地権者全員の賛意,賛同が得られること。

プロジェクトが始動。プロ清水建設で基本協定書に調印し、地利用推進協議会とM、「ネクストコ次世代ネクストの核(コア)となるランドマーク産業団地をめざし、ジェクト名は、とした。
ア清久」ネクストコ通常は10年かかってあたりまえという大型プロジェクトであるにもかかわらず、このスピーディな仕事ぶ着手から完成までわずか5年3カ月しか要しなかった。は、ア清么Mの評価をさらに大きく引き上げる要因となったのであるりも、長年の念願だった地域開発を実現したMの実力「豊かな未来を創造する個性輝く文化田園都市」を将来像として、埼玉県久喜市は、東京都心から栗橋町、鷲宮町が合併して誕生した市だ。
年3月23日に日·久喜市と菖蒲町、急テンポでの発展が続いている。
約50キロメートル圏に位置し、居住地域としても人気が高く、県道3号·12号などの幹線道東北自動車道の久喜インターチェンジや国道122号、また、すでにいくつかの工業団地などの産路が通ることから、交通の便に恵まれており、市内には、も、そのひとつだ。
利益を生むものに再投資した場合。ネクストコア業拠点が整備されている。エム大規模な土地区敷地面積約39万4000平方メートル、同意を得た地権者数168名という画整理により誕生した、埼玉県でも屈指の大規模工業団地である開発計画が頓挫したという、いわくつきの土地だっもともとこの土地は、これまでに2度、何度か開発計画が浮上したが、が発足して以降、その北中曾根を考える会1993年にたびにさまざまな要因から事業はストップした。

それでも地元自治体と地権者は開発の道を模索し続け、産業団地開発事業計画がようやく動き出したのは、2007年のことだった。開発は、地元自治体や地権者にとって、長年の悲願である。久喜市は清久工業団地周辺地区開発計画の公募に踏み切った。
土地利用推進協議会を設立し、Mは、清水建設とタッグを組んでそれに応募したところ、多数の競合のなかでもMの提案は群を抜いて優れていると、高い評価を得たのである。その-方で、「たしかに開発計画はすばらしい。
でも、Mなどという聞いたこともない会社に任せても大丈夫だろうか」と、市長をはじめ行政側の関係者は、多少の不安を持ちながらMと開発契約を結んだというのが正直な経緯だったそうだ。だが、実際に事業が始まると、そうした不安を打ち消すかのように、·ケーは誰も予想エムできなかったほどの熱意と情熱で開発を進めていった。

乙または本件建物に居住あるいは反復出入している者

特に行政が舌を巻いたのは、地権者との合意形成のスピードだった。これも小林の戦略の妙だった。実は、「地権者が168人もいると聞いて、これはスピードが勝負だと考えたのです。地権者との合意形成は、長引けば長引くほどうまくいきません。長引くにつれて考えがぐらつく地権者が出かえって収拾がつかなくなるのです」てきて、こうした読みができるのも、これまでの経験から得たMならではの知恵と言えよう。そして2011年3月26日、地権者の90%の同意を得たところで造成工事に着手した。
「市街化調整区域案件は、地権者の80%の同意があれば造成工事を進めることができるのです。でも、私どもはさらに慎重を期して、90%の同意を得たところで造成工事の申請をあげ、工事に入りました」この戦略も功を奏し、実際に造成工事が始まると、それまで首を縦に振らなかった地権者も合意に傾いてきて、最終的に残り10%の売買交渉もスムーズに完了した。
これが、5年で開発工事を終わらせることができた最大のポイントだという。

ところが、造成工事の進行とともに、進出企業の選定も順調に進んでいた。
1日たりとも2011年3ネクストコア清么月1日に東日本大震災が発生すると、への進出を計画していた企業のほとんどが、それどころではないとばかりに、いっせいに手を引いてしまっこのとき小林は、「一時はどうなることかと、そうだが、やきもきした」こうした事態を受けて、埼玉県知事の上田清司の号令のもと、県の産業労働部企業誘致課と久喜市の産業基盤推進室が連携し、企業誘致の働きかけを行うことになった。
その結果、キッコーマンと三国コカ·コーラボトリング(現·コカ·コーラボトラーズジャパン)の誘致が決まった。ハウス食品グほかにも、ループ本社(テナント:デリカシェフ、直販配送)、大和ハウス工業、なとり、清水建設(テナント:味の素そうそうたる企業の進出が決定した。

こうして、一大産業系工業団地が完成したの物流)など、であるネクストコア清久の敷地内には保育園も設けられ、働く女性へのやさしい視線が感じられる。
バス路線も新設あるいは増便されて交通インフラも充実したほか、周辺には植栽エリアや緑道も設けられ、以前とは比べものにならないほど都市環境も整えられた春にはイベントが催されるなど、さらには地元の人とのふれあいまた、市民の憩いの場に、の場にもなっている。